技工物は併設の技工ラボにおまかせください~歯科技工設備~

技工物は併設の技工ラボにおまかせください~歯科技工設備~

さいたま市浦和区、北浦和駅前の歯医者「森山歯科クリニック」では、歯科技工ラボを併設しています。そのため、患者さんにクオリティーの高い技工物をスムーズにご提供することが可能です。こちらでは、併設の歯科技工ラボについて、また技工ラボで製作しているインプラント上部構造(かぶせもの)のしくみなどについてご紹介します。

歯科技工ラボ併設のメリット

歯科治療には、詰め物や被せ物、またインプラントなど、技工物が欠かせません。それを製作するのが歯科技工ラボです。こちらでは、歯科医院に歯科技工ラボを併設するメリットをご紹介します。

メリット1
医師と歯科技工士の
意思疎通を図りやすい

多くの医院では、技工物の製作を外部の歯科技工ラボに依頼します。そのため医師と歯科技工士とのやりとりが重要になり、これがうまくいかないと、患者さんの希望に合わない技工物ができてしまいます。

その点、併設されていればやりとりがスムーズになり、より美しい技工物をつくることができるのです。

メリット2
製作の過程に
タイムラグが生まれない
外部の歯科技工ラボとのやりとりには、どうしても時間が必要になります。また、もし調整が必要となった場合にも、さらに時間がかかってしまいます。併設されていれば、そういったタイムラグも生まれません。

メリット3
技工士が患者さんと
会えるため安心

併設されていれば、歯科技工士が治療に立ち会うことも可能です。直に患者さんの天然歯の色を見たり、希望を聞いたりすることもできます。患者さんは安心感が得られるとともに、よりご要望を反映した技工物をつくることができます。

インプラントのしくみ

インプラントは、次の3つのパーツによって構成されています。

インプラントのしくみ

[1]上部構造(人工歯)

[2]アバットメント(連結部分)

[3]フィクスチャー(人工歯根:インプラント)

インプラント治療では、まずフィクスチャーを顎の骨に埋め込み、その上にアバットメントを装着。そして最後に上部構造となる人工歯を装着します。歯科技工ラボではこれらのパーツのうち、上部構造を製作しています。

インプラントのしくみ

上部構造は、患者さんの口元の美しさや咬み合わせを左右するものです。つまり、これらがよい状態になるかどうかは、歯科技工ラボにかかっているのです。

当院では、併設の歯科技工ラボと協力し、審美的・機能的に優れた上部構造を製作しています。治療には歯科技工士が立ち会えるため、微妙な調整もスムーズに対応が可能です。インプラント治療は、安心して当院におまかせください。

歯科技工士スタッフはこちら

当院の様子をご覧ください森山歯科クリニックの「医院情報」はこちら

当院では、よりよい医院づくりに参加してくれるスタッフを募集しています 森山歯科クリニックの「採用情報」はこちら

上に戻る