舌ブラシについて

                               舌ブラシについて

 

日々のお口のケアは、どのようにしていますか?
歯ブラシやフロス(糸ようじ)、歯間ブラシを用いたセルフケアは歯や歯茎を清潔に保つために行うケアです。
実は歯や歯茎だけではなく、舌もセルフケアが必要です。

舌も適切に掃除をしないと汚れがたまってしまいます。その汚れが目に見える状態になったものを舌苔(ぜったい)といいます。
舌苔は臭いの元になったり、味覚を鈍らせたりする場合があります。
そのため、舌もキレイにする必要があります。
ただ、やみくもにキレイにすればいいわけではありません。
舌は傷つきやすく、とてもデリケートです。舌磨きには、舌専用の舌ブラシを使用してください。歯ブラシで舌を磨くと、舌は傷ついてしまいます。
また舌ブラシを行うのは1日1回にとどめてください。
舌ブラシの動かし方は舌の後方にブラシをあてて前方に動かしてください。前方から後方へ動かすのは良くありません。動かす回数は10回以内で、力は100g以内が目安です。
健康な人の場合、舌ブラシは朝食後の歯磨き前に行うことが効果的です。

みなさんも舌ブラシを効果的に使用し、お口の中を清潔に保ちましょう。

 

担当 須賀

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上に戻る