骨粗鬆症について

今回は骨粗鬆症についてお話します。

 

骨粗鬆症とは骨の強度が低下し骨折しやすくなる骨の病気です。

生命をおびやかす病気ではありませんが骨折しやすくなり介護が必要になる方も少なくありません。

特に女性に多い病気で患者さんの80%以上が女性と言われています。

閉経期を迎えると女性ホルモンの分泌が低下し急激に骨密度が減り、同年代の男性に比べると早く骨密度が低くなります。

また、若いころのダイエットによる栄養不足は将来の骨密度に悪影響を及ぼします。成長期は丈夫な骨をつくり、骨にカルシウムを貯蓄する大事な時期なので

無理なダイエットは注意が必要です。

その他にも喫煙や過度の飲酒の習慣がある方は骨粗鬆症のリスクが高くなります。避けられない加齢や閉経と異なる要因はご自身の意思で改善することができます。

予防策は骨の形成に役立つ栄養素、カルシウム、ビタミンD、ビタミンKなどを

積極的に摂ることと運動です。

骨の健康を保ち健康寿命をのばしましょう。

骨粗鬆症のお薬を服用していると歯科診療における抜歯や外科処置の治りを非常に悪くする副作用を引き起こす可能性がありますので治療を受ける際は、お知らせください。

 

​担当 スタッフ

上に戻る