口腔バイオフィルム

昨今、CMや歯磨き剤などでうたわれている「バイオフィルム」って何だと思いますか?

それは、「細菌などが集まってできたヌルヌル、ネバネバした塊」のことです。

そう言ってもピンとこないと思いますので、具体的に私達が日常生活する上で経験する「バイオフィルム」の話しをします。

台所や風呂場の清掃を少ししないでいると、そこは” ヌルヌル ” としてきます。その ” ヌルヌル ” を除去しようと思っても、塩素系の薬剤等を使用しない限り、ブラシのみではなかなか取除くことは困難であると思います。

この除去しづらい” ヌルヌル “こそが「バイオフィルム」です。

このヌルヌルのぬめりがお口のなかで起こっているのが口腔バイオフィルムと呼ばれるものです。

口腔バイオフィルムは、プラークと同じ扱いとされますが、決定的な違いは、名前が示すようにフィルムをつくることです。

いわば、内部の細菌を守るバリアーと思って下さい。

このバリアーはなかなかの強者で、唾液による殺菌や抗菌剤などを内部へ浸透させる事ができません。

もちろん、ハブラシでこすっても完全にヌメリを取り除く事は難しく、時間の経過と共に厚みを増しむし歯や歯周病を引き起こしたり、進行させる大きな原因となります。

しかし、現実的にはご自身で口腔内の汚れを完全に除去することや、どこに汚れが付着しているのかを事前に把握すること自体が困難です。

また、差し歯 等の被せ物 や ブリッジ等をされている方は、被せ物の境目に汚れが付着していることが多く、
こうした部位に付着した汚れを徹底的に清掃することは、現実問題として、非常に難しいのです。

では、いったいどうすればいいのかと心配になってしまいますが、大丈夫です。ご安心ください。

バイオフィルムに対抗する最も効果的な方法は、単に、物理的にスクラムを崩して破壊することなのです。バリアーが破壊されれば、抗菌剤も効果を発揮します。

そこで、歯科医院で、専門的なケアとして定期的にP・M・T・Cというクリーニングをおすすめいたします。

皆様のお口の状態に合わせ、行っていきます。ぜひ、ご相談ください。

明日から、お口の中のヌメリにさよならしませんか?!

担当 スタッフ

 

上に戻る