定期検診の重要性

これからこのブログで歯科に関する情報をわかりやすく載せていきますので是非ご一読ください。

 

今回は、定期検診についてお話します。

多くの人にとって歯科医院は出来れば行きたくないところだと思います。

皆さんは、いつどんな時歯科医院へかよいはじめますか?

「歯が痛くなってから」では、悪い所を治療しなければなりません。痛みはなくなりますが、歯を抜いたり、歯を削ったりしなくてはなりません。歯にとって大きなダメージとなり、歯の寿命を縮めてしまうことになりかねません。「痛くなったら歯科医院へ行く」このことを繰り返すことは歯にとって悪循環です。

歯科先進国と呼ばれているスウェーデンや米国の定期検診率はそれぞれ90%、80%もあり、80歳の時にそれぞれ歯が平均20本、17本残っているようです。日本の定期検診受診率は2%、その結果80歳の時に残っている歯は平均8本だそうです。

予防に対する意識を高め、定期検診を重ねることで生涯お口の中の健康が保たれます。おいしい食事をとり、豊かな人生を送るためにも「痛くならないように歯科医院へ行く」ことをおすすめします。

担当 加納良

上に戻る