素敵な笑顔のために表情筋を鍛えましょう!

今回は「表情筋」についてお話します。

 

表情筋とは顔や目、口、鼻などを動かす筋肉で、泣いたり笑ったりなどの複雑な表情を生み出しています。

しかし、通常の生活では全体のわずか30%ほどしか使っていないと言われています。

身体の筋肉と同様、使われていなければ表情筋も衰えてきます。

 

年齢とともに衰えてくる表情筋を、鍛えることによってたるみを改善し、さらに血行がよくなることでお肌の新陳代謝を促進させて美肌も期待でき、若々しさを保つことができます。

 

 そのために、普段の食事では30回以上よく噛むことが必要です

 

ゆっくりとよく噛むことによって、表情筋が発達して表情が豊かになります。

それだけでなく、満腹中枢を刺激し過食を防止します。

また、唾液の分泌が促進され、消化酵素が働き胃腸の調子もよくなります。

キシリトールのガム(なるべく100%に近い物)を噛むだけでも効果的です。大げさに噛むことで表情筋はより鍛えられます。

間食するならガム!

料理はなるべく“噛みごたえを残す”ことを意識して調理!

野菜や果物なども、手を加えすぎず原型に近い形を残すことがよく噛むことにつながります。

 

 また、ちょっとした顔ストレッチにより、口の周りの口角筋(こうかくきん)、口輪筋(こうりんきん)、頬筋(きょうきん)を鍛えましょう。

 

キュッと上がった口角で若々しく、

表情豊かに魅力的な笑顔で、生き生きと生活していきましょう。

担当 スタッフ

上に戻る