歯科の金属アレルギーについて

今回は金属アレルギーについてお話します。

歯科の金属アレルギーとは歯科治療で使用される金属(特に卑金属の銅、パラジウム、ニッケルクロム、コバルトクロム等)がアレルギーの原因となり口腔内や体に異常な反応を起こすことです。金属は水分のある環境で時間の経過と共に金属イオンという物質となって溶け出していきます。この金属イオンが体の免疫細胞と過剰に反応してしまうことによってアレルギーとなります。

金属アレルギーの症状としては、口腔内で金属部分に接触している頬や舌が赤くなったり、白くなったりして炎症が起こります。また、手や足の甲に水泡状の皮膚炎として出ることもあります。さらに重度の場合は、全身に症状が出るケースもあります。

症状が出る時期としては、口腔内に金属が入ってすぐに出るケースもあれば、時間が経ってから出るケースもあります。金属アレルギーは完治することは難しく、原因となる金属を取り除くことや金属に接触しないようにすることで徐々に改善していきます。世界的には口の中に金属(チタンのインプラントは除く)は使用しなくなっております。当院では金属を使用しない被せ物も用意してありますので相談してみて下さい。

担当 須賀文亮

上に戻る