医療費控除について

今回は医療費控除についてお話します。

 

皆さんはご自身や家族が1年間にどのくらい医療費を支払っているかご存知でしょうか?

医療費控除とは1年間の医療費がたくさんある方へ一部還付される制度です。この制度は所得税を納めていること、1年間(1/1~12/31)の医療費の合計が10万円(もしくは総所得の5%)を超えていることの条件があります。医療費は家族間の合算、他の病院との合算が可能です。ただし、医療費の中には申告対象となる費用と対象外とされる費用が各医療機関によって異なりますのでご注意ください。当院の費用については以下の通りです。

■当院の申告対象費用について

・保険治療・保険外の治療・未成年者の矯正費用(成人の場合は診断書が必要な場合有)

・通院にかかった交通費(公共交通機関の電車・バスのみ) ※体が不自由な方はタクシー可の場合有

 

■当院の申告対象外費用について

・審美処置、予防処置など直接必要な治療とみなされないもの

・ハブラシなどの販売品

・デンタルローンの利息、クレジットカード支払いの手数料・タクシー代や、自家用車で通院した際のガソリン代、駐車料金

                                                

尚、医療費控除の還付金については医療費や受給額の有無、申告した方に適応される税率等により異なります。算出方法、申告方法についての詳細は税務署にお問合せまたは、国税庁HPをご覧ください。

申告期間は毎年2月中旬~3月中旬までとされており、各市町村の税務署や特設会場にて受付しています。また、医療費控除は5年以内であればさかのぼって申告可能ですのでぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

 

担当 スタッフ

上に戻る